小児歯科

子どもの歯の治療について

子どもの歯の治療について子供の歯はおおよそ1歳前~1歳半くらいに生えてきます。理想は歯の生え始めから口腔ケアを開始することが理想的ですが、難しい場合にはなるべく虫歯が進行しないような処置をするに止め、3歳~5歳くらいになってからの治療でもかまいません。

お子さんの場合はやはり虫歯ができてしまったという相談が多いのですが、原因となっているのは生活習慣に起因する虫歯も少なくありません。そういった場合は食生活や生活習慣を改善し効果的な予防処置を行います。

さらに、歯磨きや食生活習慣を中心とした、虫歯や歯周病にならないための管理をきちんと自分でできるようにしていき、もし噛み合わせや歯並びに問題があれば、あごの成長発育などを利用して無理のない形で改善していくように治療を行います。

歯の生える時期

乳歯や生えたばかりの永久歯はとても虫歯にかかりやすく、進行も早いという特徴があります。虫歯の予防は、ホームケアだけでなく、歯科医院での適切な予防処置(フッ素塗布など)・定期健診がとても大切になります。 当院へぜひ一度ご相談ください。

虫歯予防に定期的な「フッ素塗布」をしましょう

フッ素塗布最近では市販の歯磨き粉にフッ素含有のものも多くなっておりますが、歯科医院で行う高濃度(安全量)のフッ素塗布をおすすめしています。
フッ素は歯の表面に塗ることにより歯を強くすることができます。定期的に歯科医院でフッ素塗布をおこなうことで虫歯になりにくい歯質をつくることができるのです。

おおよそ3~4か月間隔で塗布すると効果的で、永久歯が生え揃うあたりまでは継続するのが理想です。歯科で使用するフッ素は安全性が確保された濃度のものを使用しますので安心して受診してください。