矯正歯科

矯正歯科とは

当院ではプレオルソを用いたマウスピース矯正、拡大床を用いた床矯正、マルチブラケットを用いた矯正、Aso Alignerを用いたマウスピース矯正を行っています。
症例に応じて最も効果的な方法を提案させていただいております。
重度の反対咬合や外科処置を伴う矯正治療などの場合は専門医を紹介させていただきますのでお気軽にご相談ください。

当院ではDr雄太が矯正治療を行います。
床矯正・マルチブラケット矯正・マウスピース矯正のすべてを担当していますので不具合などある場合でもいつでも対応は可能です。

小児矯正について

小児矯正とはどのようなものか?

当院が考える小児矯正は今後永久歯に代わるときに虫歯になりにくい環境を作ってあげること。を第一に考えています。
きれいな歯並びが一番理想的でありますが、クロスバイト(上と下の歯が逆になっている)や叢生(歯が入り乱れている)は今後の成長にあまり良いことはありません。
プレオルソ・床矯正を用いることにより、歯列の拡大やクロスバイトの改善に期待できます。また小児矯正は今後永久歯でのマルチブラケット矯正に移行するときに抜歯をしないで矯正治療ができるかもしれないメリットがあります(必ず非抜歯でできるのではありません)

何歳から矯正治療を行ったほうが良い?

マウスピース矯正・床矯正は本人の協力が不可欠です。主に夜間装着してもらうことになるので親御さん・本人とお話をして問題ないと思うタイミングで行うことが多いです。
マルチブラケット矯正は10歳前後で前歯部・小臼歯部の永久歯が萌出開始したころから行うことが多いです。
どちらにしても虫歯が多い場合や、親御さん・本人とのコミニケーションが大切と考えておりますのでご相談ください。

成人矯正

成人矯正とは?

成人矯正はAso Alignerを用いたマウスピース矯正とマルチブラケット矯正を行っています。小児矯正とは違いスペースの確保のために抜歯をしてから行うことが一般的です。
治療の流れとしては矯正治療の術前検査(写真撮影・石膏模型での検査・セファロ撮影)を行い治療の概要と費用について説明し、治療をしていく場合はその後にset up模型を作り矯正治療のゴールを共有して行います。
矯正治療はスタートすると期間はかかりますので術前の検査と説明が大切と考えていますので時間をかけて行います。

当院で取り扱っている矯正器具の種類

子供の矯正器具・プレオルソ

子供の矯正器具・プレオルソ

プレオルソのメリット

  • 反対咬合、開咬、叢生の改善に効果的
  • 口腔機能発達不全症の改善にも効果が期待できる

プレオルソのデメリット

  • 起きている間、最低1時間の装着と夜間寝ている間に装着をしてもらうので本人の協力が不可欠

プレオルソの費用

60,000円+税

プレオルソの治療の流れ

  1. 矯正相談・資料の準備(口腔内写真撮影・石膏模型の制作)
  2. 資料の説明、装置の装着
    →最初の2週間は起きている間の3時間を目標に装着
    →装着の確認を行い、「あいうべ体操」の説明、夜間の装着を開始
  3. その後は2カ月ごとに経過の写真撮影を行い経過観察

子供の矯正器具・床矯正装置

床矯正装置

床矯正装置のメリット

  • プレオルソよりも歯列の拡大が可能
  • 拡大の幅を調整できるので確実
  • クロスバイトの改善に効果的

床矯正装置のデメリット

  • 取り外しができる装置なので本人の協力が不可欠
  • 食事の時は外して食事をとるが、その時に紛失してしまうことが多く、しっかりと管理が必要

床矯正装置の費用

片顎100,000円+税(再製が必要な場合は半額負担)

床矯正装置の治療の流れ

  1. 矯正相談・資料の準備(口腔内写真撮影・石膏模型の制作)
  2. 資料の説明、装置の装着
    →最初の2週間は拡大床を口腔内に装着のみ
  3. 痛みがなく装着が出来ているか確認を行い問題がなければ3日に1回30度の床の拡大を行う
  4. 1カ月ごとに経過の写真撮影と拡大床の調整

マルチブラケット矯正

マルチブラケット矯正

マルチブラケット矯正のメリット

  • 各種症例に対応可能
  • 主に永久歯の矯正治療に行うので管理がしやすい

マルチブラケット矯正のデメリット

  • 取り外しができないのでしっかりと口腔ケアをしないと虫歯になる可能性がある
  • ワイヤー装着時・交換時は若干痛みがある
  • ブラケット装置を歯に接着剤にて固定するのでやや違和感がある
  • ワイヤーが見えるので見栄えが悪い

マルチブラケット矯正の費用

片顎150,000円+税
動的治療終了後、リテーナー製作代 30,000円+Tax

マルチブラケット矯正の治療の流れ

  1. 矯正相談と資料の準備(写真撮影・石膏模型の作成・セファロ撮影)
  2. 資料をもとに矯正治療の説明と費用の説明、治療開始の場合は資料説明後にset up模型を製作し再説明
  3. マルチブラケット装置装着
  4. 1カ月ごとにワイヤーの調整、口腔内写真撮影
  5. 動的治療終了後 リテーナー装着
  6. 4か月ごとのチェックへ

マウスピース矯正(Aso Aligner)

マウスピース矯正

マウスピース矯正(Aso Aligner)の特徴

コンピューターにて歯の移動した後の状態を予測したマウスピース(ソフト・ミディアム・ハードの3種類)を制作し、2週間ごとに交換。1度の制作で3ステップまで制作することが可能。

マウスピース矯正(Aso Aligner)のメリット

  • マルチブラケットと違い歯にブラケットを装着しないので違和感が少ない
  • マルチブラケットと違い歯にブラケットを装着しないので見栄えが良い
  • 軽度な叢生の改善の場合は費用が安い

マウスピース矯正(Aso Aligner)のデメリット

  • 可能な症例が限られる
  • 治療期間が長くなる場合は制作するマウスピースが増えるため高額になる

マウスピース矯正(Aso Aligner)の費用

1ステップ片顎(ソフト・ミディアム・ハード)90,000円+税
(製作する数により料金は変動)

矯正治療の症例

プレオルソの症例

プレオルソの症例

治療内容
プレオルソ
主訴
お子様の受け口を直したい
治療期間
4か月
治療費用
60,000円+税