0

熱中症について

こんにちは!!
笠井歯科医院歯科助手の石川です。

まだまだ厳しい暑さが続いていますが皆さんはいかがお過ごしでしょうか?

私は暑いのが苦手なのであまり外に出たくないですが、夏はイベント事が多くてついお出かけをしていました♪

ですがこの炎天下の中外にずっと居ると心配なのが熱中症です。

今回は熱中症についてお話ししていこうと思います。

 

〜熱中症について〜

私達の体は体温調節機能というものがあり、体内の温度が上昇すると体は汗を出して体内の温度を下げようとします。

熱中症は体内の水分や塩分などのバランスが崩れ、体内温度の調節機能が働かなくなり身体に様々な症状を起こす怖い病気です!

 

〜熱中症の症状〜

  • めまい
  • 立ちくらみ
  • 頭痛
  • 吐き気
  • 倦怠感
  • 集中力や判断力の低下
  • 意識障害
  • けいれん

 

熱中症の初期はめまいや立ちくらみ、体のほてりなどです!

次第に頭痛や吐き気などの症状が出ます。

集中力や判断力の低下や、意識障害、けいれんなど、水分補給が自分で出来なくなると危険な状態です!すぐに医療機関に受診するようにしてくださいね。

 

〜熱中症の対策〜

まず熱中症の予防はこまめに水分補給をしっかりとする事ですが、汗には塩分が含まれているため、水だけでなく水分補給と同時に塩分(ナトリウム)も摂取しないとダメです!

お茶、コーヒー、ビールには利尿作用があるので体内の水分が出てしまいます、なので水分補給にはあまり適していません。

 

オススメなのは経口補水液です!

最近ではコンビニなどでも販売されていますが、以前先生と行った講習会でお家でも作れる事を知りました♪

作り方は簡単です!

  • 水1ℓ・砂糖40g・塩3g

 

スポーツしている方はスポーツドリンクを飲む機会が多いと思いますが、スポーツドリンクや経口補水液にはお砂糖が入っているので歯には優しくないですね(>_<)

 

スポーツドリンクを飲んだ後は歯磨きをしっかりするなど虫歯にも気をつけるようにしましょう!

 

夏は熱中症と別にエアコンなどによる冷えにも気をつけないといけません。

夏風邪などにより、免疫力が下がっているときや睡眠不足な時は熱中症にもなりやすいので皆さんも気をつけてくださいね!

夏バテで食欲がない方も多いと思いますが、食事による栄養がしっかり取れていない時も熱中症になりやすいので注意が必要です!

 

私は家にいる時はなるべく体を冷やさないように温かい飲み物を飲むようにしています♪

 

皆さんも体調には気をつけて元気でお過ごしください。