0

歯科治療時の薬の服用

高血圧とそのお薬、歯科治療にどう影響?

こんにちは、歯科衛生士の渡辺です。

高血圧の方は?
☆出血しやすい傾向
血圧のコントロールされていないと、歯周ポケットの深いところをスケーリングしたり、歯ぐきの切開や抜歯などの外科処置をしたときに出血しやすい傾向があります。

☆血液サラサラの薬を飲んでいると。
高血圧の合併症である新血管病の治療のために血液サラサラのお薬(抗凝固薬、抗血小板薬)を飲んでいると、外科処置後になかなか血が止まりません。止血処置を念入りに行う必要があります。
☆血圧が急上昇しやすい。
治療中に血圧が急上昇して、めまいやふらつきが起きては危険です。
食事療法や飲み薬で血圧を十分にコントロールして受診しましょう!

血液サラサラの薬
血管に血の固まりができないように飲む薬です。歯科医院に来院するときに自己判断での休薬はしないで下さい。

カルシウム拮抗薬
血管を広げて血圧を下げるお薬です。歯ぐきを膨張させる副作用を起こすことがあります。

☆☆食事療法やお薬で血圧コントロールできていれば基本には、普通に歯科治療が受けられますのでご心配なく!