0

口内炎

こんにちは。

笠井歯科医院、歯科衛生士の渡辺です。

つい最近、久しぶりに口内炎ができました!唇の中を噛んでしまったのが原因かと。

 

口内炎とは?

口の中の粘膜(唇、舌、頬の内側、歯肉など)に起こる炎症を総称して「口内炎」とよびます。

口内炎には、アフタ性、細菌性、ウイルス性、アレルギー性などいろいろな種類があり、症状や原因もさまざまです

 

口内炎の原因

原因が明らかになっていない部分も多いのですが、原因がお口の中にある場合と、全身疾患や健康状態が影響している場合などに大きく分けられます。

 

機械的損傷や火傷

歯ブラシによる傷、噛んでできた傷、合わない入れ歯、歯並びが悪く粘膜に当たる場合など。

口腔衛生不良

ブラッシングやうがいなどができない場合。

全身健康状態の低下

栄養状態が悪く、病気や過労など体力が衰えている場合。

内科的な病気(ベーチェット病、白血病、自己免疫疾患など)による場合。

 

口内炎の予防には

口の中を傷つけない

歯ブラシは硬すぎず、適度な大きさのものを選ぶ。

入れ歯が合わない時は早めに調整してもらう。

口の中を清潔に保つ。

日頃から、食後のブラッシングやうがいを。

体調を整え、健康的に過ごす

バランスの良い食事、ビタミン(特にビタミンB2)を多く含んだ野菜や果物を摂るように心がけ、水分も十分に摂るように。また過労を避け、十分な睡眠を。

 

口内炎の治療

口内炎の多くは、1~2週間で自然に治癒します。治療は対処療法で、薬はステロイド軟膏や患部を保護するシールタイプのものなどが一般的です。腫れや痛みが強い場合や長引く場合は、専門医の診察を。また体調管理をすることにより、ある程度の予防や軽減をはかりましょう。

口内炎ができたら、身体が発信したSOSだと思って、ふだんの生活を見直してみてください。日頃から疲れをためずに、バランスの良い食生活を送りましょう。ビタミンB群の補給も忘れずに!