0

ワンちゃんも歯周病?

こんにちは!
歯科助手の内越です。

今日は少し前に参加した『口の中は不思議がいっぱい』というセミナーで”動物界でも長生きのために歯のケアをする”というお話を聞いたので、皆さんにとって身近な動物であるワンちゃんの歯周病について載せたいと思います。

皆さん、犬にも人間と同じく歯周病という病気があるのはご存知ですか?
一般家庭で飼育されている犬の約8割は歯周病にかかっているといわれています。

この前買い物をしているときに面白いコーナーを見つけました。

とあるペットショップにて。

これら全てワンちゃんの歯周ケアグッズです。

ワンちゃんも歯周病になるなんてびっくりですよね。
人間もワンちゃんも歯周病になる原因や治療法は同じです。

〜原因〜
主な原因は歯の表面にべっとりと付着した歯垢(プラーク)であり、歯垢は食べ物のかすと細菌のかたまりで炎症をひきおこすと考えられている。歯垢を放置しておくと唾液中のカルシウムが沈着して硬い歯石となって歯ブラシでは除去できなくなる。唾液の性質と量は、歯垢の形成に大きく影響していて唾液の少ない犬では歯垢の形成速度が速く、また軟らかい餌を与えられている犬はドライフードを与えられている犬より歯垢の蓄積は速いといわれている。

〜治療〜
初期の治療では歯垢や歯石の除去や薬物投与によって改善されるが、進行したものでは外科的な処置が必要となる。歯槽骨が強く侵されて歯の動揺がひどくなった場合は抜歯をする。

☆スケーリング☆
犬のスケーリングは、全身麻酔をしてから行う。人間と同じくプローブという器具を使い歯周ポケットの測定をして超音波スケーラーやキュレットといった器具で歯石の除去をする。

最後に、人間と同じくワンちゃんも歯周病の予防をすることが大切です。治療によって歯石を除去した後も歯ブラシなどで磨く習慣をつける必要があります。ぜひ、皆さん大切なワンちゃんのお口の健康を守ってあげてください♪♪