0

マウスピースで歯を守ろう!!

こんにちは😃歯科衛生士の渡辺です。

さて、今回はマウスピースについてに話をします。

 

朝起きたとき、アゴが疲れているときはありませんか?

もしかしたら就寝中に、歯ぎしりや食いしばりをしているのかもしれません。

ギリギリという音で気付きやすい歯ぎしりに対して、

グーッて強く噛む食いしばりは、音がしないため意外と気づかない方が多いのです。

知らないうちに大切な歯が傷んでしまったり、治療したところが壊れたりしては大変です!

無意識の強い力から歯を守るため、マウスピースを使ってみませんか?

 

目が覚めているときに強い力で噛み込むと、その情報をセンサーがキャッチして、これ以上強く噛むと痛くなる。という防御が働きます。

しかし睡眠中の場合、このセンサーは目が覚めているときほどは敏感に働きません。

そのたも睡眠中の歯ぎしり、食いしばりは日中に行うものより、ずっと強い力になりがち。

強い歯ぎしり、食いしばりが毎晩続くと、被せたものを入れた歯が折れた、歯が欠けた、

歯が削れたといった問題が起きやすくなってしまうのです。

そこで役に立つのがマウスピースの一種で、就寝中に使うナイトガードです。

当院で製作でき、装着して眠ると歯ぎしり、食いしばりの害を確実に減らせる優れものです。

 

こんな痕跡があったら歯ぎしりや食いしばりをおそらくしています。相談して下さい。

☆舌に歯型が・・・22

☆頬の粘膜に歯型が・・・1

☆歯が削れている・・・1

☆アゴの骨が隆起している・・・33

 

 

こんな被害を防ぎたい!

*過剰な磨耗とチップ

🔶自分で自分の歯を削ってしまう

🔶歯のチップにご用心

🔶虫歯のリスク増

 

*歯周病の悪化

🔶歯周病になっている歯が毎晩歯ぎしりでゆらさぶれていると歯槽骨(歯を支える骨)が失われるスピードが速くなり歯が倒れる、動くなどの問題も起きやすくなる。炎症を取り除く治療とともに力のコントロールがとても重要です。

*歯が折れる。被せものが壊れる。

*インプラントが壊れる。

*顎関節症

 

だからこそ、ナイトガード☆

ナイトガードってどんなのでしょう?

患者さんの歯型をとり、その歯型をもとにして製作します。噛み合わせに影響を与えにくく、装着感のよいナイトガードです。

ハードタイプとソフトタイプがあります。

ハードタイプは、スルスル滑って強く噛み込みにくく、しかも歯の代わりに削れてくれます。ピタリと覆われた歯は動揺せず、ナイトガードの厚みが下顎の突き上げから顎関節を守ります。ソフトタイプより違和感はあります。

ソフトタイプは、装着感はよいですが、噛んだ感触が気持ちよいためか、ついグッと噛み込み破れてしまう時があります。破れた場合は作り直しになります。

 

睡眠中の歯ぎしり、食いしばりは決して珍しいものではありません。

歯の破折や治療の繰り返しに悩んでいるからご自分に「している」という自覚がなくても、歯ぎしり、食いしばりをしている可能性大です。

一度歯科医院で、口の中にその圧痕がないか、じっくりと調べてもらい、歯と体の健康を守って行きましょう!