0

インプラント症例発表

こんばんは

笠井歯科医院 歯科医師の雄太です。

4月14日(日曜日)、4月19日(木曜日)に勉強会がありインプラントについて発表させていただきました。

まず14日の勉強会

大宮歯科衛生士専門学校の講堂にて第二回SNS勉強会を行いました。

SNSとは白岡市で開業のおがわ歯科クリニック、院長小川秀仁先生

http://www.ogawadental.com/

を中心に埼玉県出身の日本歯科大学ラグビー部OBが集まり定期的に勉強をしようとスタートした勉強会。

今回は約50人の先生方に集まっていただき、主催者側として勉強会の準備から発表まで行わせていただきました。

Image_0214172

内容は「ストローマンガイドを用いたインプラント治療」

との題目で約20分間講演をさせていただきました。

ストローマンガイドとは、インプラントの埋入手術時にあらかじめコンピューター上でシュミレーションを行い、理想的な位置に、より安全に埋入が出来る方法です。

guided_surgery04

1本のインプラントの場合はガイドを使用しなくても行うことは可能ですが、2本以上の埋入の場合はガイドを行うことにより、インプラントが平行に埋入でき、埋入したインプラントが長期的に安定するインプラント手術の埋入オプションだと思います。

当院でインプラント治療を行う場合は2本以上の埋入の際は必ず使用しています。

約50人近い先生方の前でお話をさせていただき緊張しましたが、先輩方からはより良い治療へのアドバイス。後輩からは活発な質問をいただき、僕自身非常に勉強になりました。

 

次は19日、大宮ソニックシティでのストローマンプランニングアカデミー。

この勉強会は、講師の沼澤秀之先生

https://www.numasawa-dental.com/

と一緒にインプラントの設計、埋入位置、方法を考える勉強会です。

image12

image1

経験豊富な先生へ計画したインプラント埋入計画を見ていただき、受講生と一緒に討論する勉強会で、自分自身の症例だけでなく、他の先生の症例を一緒に検討するなど非常に勉強になります。

今回は僕が計画している症例の検討会を行わせていただきました。

自分の考えだけでなく、いろいろな先生方の考え方を聞かせていただいてとても勉強になりました。

インプラントは今では日常臨床で用いられる補綴方法のひとつで、義歯と違い取り外しをしない・・・、またブリッジと違い歯を削らないことから非常に有効な治療方法でありますが、外科手術であるため術前シュミレーションなど慎重に行うことが大切です。

また、インプラントは埋入したらそれで終了ではなく、長く快適に使うことが出来るように定期的なメンテナンスも欠かせません。

今後も安全にインプラント治療ができるように、長期的にインプラントが機能できるように、しっかりと勉強していきたいと思います。